CoinCheck公式サイト 口座開設する(無料)

【初心者】OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する方法

  • URLをコピーしました!
読者

OpenSeaに登録しました!
今回は、OpneaSeaの気になるNFTを購入します!

でもNFTの購入方法がわかりません。
注意点などもあれば教えてください!

そんな人へ向けた記事です。

本日の内容
  • OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する前の注意点
  • OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する方法
  • OpenSea(オープンシー)始める上での3つの注意点

本記事を書いている私は実際に自分自身でOpenSeaでNFTを購入しました。
また、アダルト業界と暗号資産の架け橋になれるように日々、Twitterでも情報発信を行なっています。

今回は「OpenSeaでNFTを購入する方法」を知識ゼロでもわかるように14枚以上のスクショを用いて解説していきます。

なお、NFTを出品・購入するには暗号資産「 イーサリアム」を利用します。暗号資産取引所の口座開設も行なっておきましょう!

目次

OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する前の注意点

注意①暗号資産ウォレット「MetaMask」に代金の送金を事前に済ませること!

MetaMaskには事前に購入予定の代金「商品代金+ガス代(手数料)」を入金しておきましょう。

OpneSeaよりNFTを購入するには暗号資産「イーサリアム」が必要です。
決済時にはウォレット「MetaMask」とOpneSeaを接続(連携)すると暗号資産で決済できるようになります。

注意②NFTの取引時にかかるOpenSeaのガス代(手数料)を確認すること!

OpenSeaではNFTを購入する際にガス代(手数料)が一緒に必要になります。

ガス代の料金相場は幅広く3000円~10,000円前後です。
現在のガス代をチェックしつつ、安いタイミングを狙うとお得に購入できます!

暗号資産「イーサリアム」を購入するなら!

OpenSeaの主要通貨「イーサリアム」は国産の暗号資産取引所「コインチェック」がおすすめ!

コインチェックはなんと言っても、安心安全!
国内最大級を誇る取引所で親元は「マネックス証券を運営するマネックスグループ株式会社」です!

コインチェック公式HPはこちら
>>https://coincheck.com

OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する手順

購入完了までの全体のイメージ
  1. NFTの商品ページへ行く
  2. 「BUY NOW」からガス代の確認
  3. 「確認」で購入手続きへ
  4. Unlock currency」で受け取り完了
  5. あとは「署名・サイン」をしてNFTの購入成功!

手順①OpenSea(オープンシー)でNFT探し

今回はわたし自身も初めてのNFTを購入するということで2つに絞りました。
実際のNFTアートがこちら上記です。

どちらを買ったのか?
そんなワクワクと一緒にOpneSeaでNFTを購入する方法を紹介していきます!

手順②NFTの購入手続きへ進む

STEP
「BUY NOW」で購入する

購入するNFTの「BUY NOW(購入する)」をクリックしましょう。

左下の「英文(OpenSeaで購入する同意)」をクリックしましょう。

次に、下のスクショ画面の「Terms of Service(利用規約)」にもクリックしましょう。

STEP
「Convert」をクリックして金額(ガス代込)を確認する

赤枠の「Convert」をクリックしましょう。

ここでNFTの代金とガス代(手数料)のトータル金額を確認しましょう。

大丈夫そうであれば、そのまま「確認」を押してください!

STEP
反映まで45分待ちましょう。

実際に、私の場合は15分前後で完了しました!

最長45分という認識で大丈夫そうです。

赤枠の「Unlock」をクリックしましょう。

手順③購入者の署名をして購入する

STEP
「署名」をクリックします

「署名」をクリックしましょう。

STEP
「Sign」をクリックして購入完了

それでは最後の項目です。「Sign」をクリックすると実際にNFTを購入できます。

それでは早速、サインをクリックします!

Your Purchase is processing!(手続き中)という表示がされます。

Your Purchase has processed!(購入完了)という表示がされます。

STEP
メールアドレスに通知が届けば無事購入完了!

登録したメールアドレスに「NFT購入完了通知」が届けば購入完了です!

おめでとうございます!
晴れてあなたも世界に1つのNFT所有者です!

Robin

お好きなNFTを購入して楽しんでください!

実際に購入したNFTがこちら!
なぜか愛着が湧いてしまうそんな気持ちです!
合計7,000円前後で購入済!

OpenSeaでNFTを購入する上での3つの注意点

OpenSeaの注意点3つ
  • OpenSeaは比較的新しいプラットフォーム
  • OpenSeaのガス代は時間によってお得に
  • OpenSeaにも偽物のNFTアートは存在する

OpenSeaは比較的新しいプラットフォーム

過去にOpenSea(オープンシー)はNFTマーケットプレイスの市場95%以上を占めると、
勢いよく世界最大級のNFTマーケットプレイスへと成長を遂げました。

その分、NFTはまだ成長段階であり新しいシステムのためバグなどの不安な声も少なくありません。

もちろん、OpenSeaは今でも初心者から上級者までと王道のNFTマーケットプレイスでもあります。

安心安全にNFTクリエイターと購入者が楽しめるように、今後のアップデートに乞うご期待ですね!

OpenSeaのガス代は時間によってお得!

繰り返しになりますが、
OpenSeaでNFTを購入するとき「NFTの代金+ガス代(手数料)」がお支払い金額になります。

そのガス代は現在のガス代はEthereum Gas Price Chartでチェックできます。

引用:Ethereum Gas Price Chart

購入する際には入念にチェックしましょう。

実際にチャートを見るとわかりますが、ガス代の価格が安い時、高い時の高低差がかなり激しいことがわかります。
トータル料金も6000円以上変わってくるので、できればお得に購入したいものですね!

OpenSeaにも偽物のNFTアートは存在する

残念ながら、NFTの市場にも、偽物(コピー品)は流通しています。

でも問題はありません。NFTの特徴は誰が制作したのか確認できるが最大のメリットです。

NFTを購入する前には、かならず本物の作品であるか 入念に確認しましょう。

Robin

NFTは今後新しいトレンドになる注目の高い分野です!

時代に乗り遅れないためにも、
ぜひ一度OpenSeaでNFTを購入してみましょう!

まとめ

今回は「【NFT】OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する手順」について紹介しました。

本日のまとめ
  • OpenSea(オープンシー)でNFTを購入するときガス代に注意する!
  • OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する前にMetaMaskに入金を済ませておく!
  • OpenSea(オープンシー)でNFTを購入するには暗号資産「イーサリアム」が必要!
  • OpenSea(オープンシー)の主要通貨「イーサリアム」はコインチェックで購入!

この記事を読んでNFTに興味でてきた人は、ぜひこの機会にOpenSeaでお気に入りのNFTや推しのNFTを購入してみてはいかがでしょうか?

Nintendo(任天堂)やマクドナルド、飲料水メーカーのBOSSもNFT業界に参入しています。
時代に乗り遅れないためにもまずは安いNFTから購入してみましょう。

OpenSeaでNFTを購入してみよう!

お、OpenSeaでNFTを出品・購入するのに必要な暗号資産イーサリアムを購入するなら、国内で最大手の仮想通貨取引所であるコインチェックがおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

MENU
TOP
目次
閉じる